鉄道模型シェアハウス

Posted by episode-collector-experience-z | Posted in コンセプトのあるシェアハウス

鉄道模型好きの方のためのシェアハウス

鉄道マニアであり、自宅に鉄道模型を作っていると言う人もいるでしょう。
しかしながら実際の模型を作ると場所をとりますので、結婚などをしていると奥さんに邪魔だと言われることも多いです。
そこでそんな鉄道模型が好きな人のためのシェアハウスが東京江東区にナインゲージという物件が誕生しました。

一人で鉄道模型は大きくなればなるほど管理が難しいですが、この鉄道模型をシェアハウスの人達で管理すれば負担も減ります。
このシェアハウスは鉄道模型好きというコンセプトで珍しくメディアに取り上げられることも多いです。

部屋には鉄道模型を走らせられるジオラマが3つあり、24時間いつでも好きに模型を走らせられます。
リビングには1人で作りには大変な巨大なジオラマがあるので、鉄道模型好きにはたまらない設備です。
鉄道模型が好きな人が集まっているので、鉄道模型の情報交換も出来、DVDを置くようなライブラリー設備もあります。

そして鉄道模型が好きでマニアな人に入居して欲しいということであり、Nゲージ割というものを実施しています。
入居者がNゲージ車両一つ保有で家賃から50円引き、最大1万円割引きが受けられる制度となっています。

Nゲージ作成

この物件の目玉はなんといってもリビングにある巨大なNゲージでしょう。
制作は約15人で10ヶ月かけて制作し、大がかりな手間暇がかかっている制作物となっています。
リビングの机の上に設置されていますので、食事をしながら模型を走らせるということも出来ます。
しかしながら今はテーブルの上にはNゲージしか完成しておらず、今後は風景などを作ってよりジオラマらしくしたいということです。

この鉄道模型好きのためのシェアハウスを作ろうと思ったきっかけは、管理人の方が以前は他のシェアハウスに住んでいました。
そこで人と繋がる生き方というものを知り、そのことから、自分はプラモデルなどが好きでありながら、それらを置く場所がないので、シェアハウスとして置き場所を作ればよいのではないかということから始まりました。

シェアハウスは4階にあり家賃は部屋は全部で5部屋あり、5万円から9万8千円までの部屋があります。
そこに住む住人が模型を走らせて楽しむばかりではなく、月に1回は見学会や運転会が開催されていますので、他の人も巨大なジオラマでの模型運転を楽しめます。
このようにして鉄道模型という一つのテーマで、住人ばかりでなく、他の人とも繋がれるようになっているのです。
今後も鉄道模型を軸として、様々なイベントを開催したり、ジオラマをさらに本格的に作ったりと、いろいろと計画は進んでいくことでしょう。