ものづくり好きが集まるハウス

Posted by episode-collector-experience-z | Posted in コンセプトのあるシェアハウス

イラストレーターを目指す私のシェアハウス生活

こんにちは!私は都内でイラストレーターを目指す21歳です。

小さいころから絵で食べていきたくて、「何としてもプロになりたい!」と思って出てきた東京。
やっぱり、プロになるためのチャンスは東京にしかないと思ったんです。東京はやっぱり情報がたくさん集まるし、有名なイラストレーターの展示会もたくさんあるし、アマチュア向けの展覧会もたくさんあります。
この「アマチュア向けの展覧会」というのが良いんです。

大きな会場に自分の作品を並べて飾るのですが、業界関係者もたくさん来るのでプロになれる確率も高いんですよね。こういうところから仕事がくることもあるので、やっぱり東京はいろんな意味で違うと感じました。
そこで、東京に出ることを決意しました。

そこで、ものづくりができるシェアハウスを探しました

とはいえ、短大を卒業したばかりの私に1人暮らしができるお金があるわけではなくて。
しかも私は就職先が決まらなかったので、やるとしたらアルバイトの掛け持ちだったんですよね。

お金がない私に、どうやったら東京生活ができるだろう?と考えた時に見つけたのがシェアハウスでした。しかも、ものづくりが好きな子ばかりがあつまるシェアハウスがあると聞き「これだ!」と思ったんです。ここだったら私も生活できると!!と思って、シェアハウスで生活をすることにしました。

シェアハウスの場所は都心に近いところではなかったけれど、私にとっては「東京にいることができる」というだけで十分嬉しかったので、気になりませんでした。それでも電車ですぐ都心まで行けたし、近くにスーパーなど必要なものは何でもそろっていましたからね。

シェアハウスには、実に色々な人が揃っていました。
ものづくりといってもいろいろな分野のアマチュアがいるもので、ゲームソフトの開発に力を注ぐ人もいたし、アートの世界に身を投じている人もいました。アートを制作している人は、「今度みんなで集まって展示会やるんだ」と張り切って制作に取り組んでいましたね。そういう姿をみてまた刺激されて・・・それが本当にうれしかったです。

ものづくりって、本当に成功することができるかどうかわからないじゃないですか。だから、シェアハウスで同じ目的を持った仲間に出会えたことは本当にうれしいことでした。だって、本当に力になってくれていますからね。
シェアハウスに来たことで、本当にモチベーションが上がった様な気がしています。