ゲストハウスの理想と現実

Posted by episode-collector-experience-s | Posted in シェアハウス体験談

ゲストハウスは、いろいろな人が一緒に暮らすので、とても楽しい場所だろうって思っていました。
一人暮らしをするのは寂しいけれど、上京するのだから一人暮らしは仕方がありません。
だから、私はゲストハウスを選ぶことにしました。
寂しくない上に、防犯にも役立ちますし、家賃だってお得です。
 
こんなにいいことはないだろうと思って楽しみにしていました。
入居してみると、同じような年代の人が多かったので、話が合う人が多くていいなと感じました。
やはり、若い人に人気があるようです。
同じような境遇の人もいたので、意外と早く溶け込むことができたのではないかと思います。
キッチンやトイレ、お風呂が共同ということは知ってはいたのですが、
やはり共同だと不便だと感じてしまいます。
 
キッチンが共同ということは、ほかの住人の人と一緒に調理をすることもできるので、
それほど辛いとは思わなかったので、そこは大丈夫でした。
ただ、トイレとお風呂が共同というのはやはり困りました。
朝、みんなが起きる時間帯になるとトイレが渋滞します。
早く入りたいと思っているのに、空いていないから入れないということは何度もあります。
 
少し起きる時間をずらしたりして対応はしましたが、睡眠時間がちょっと削られてしまうのでそこが不便ですね。
お風呂も順番で入らなくちゃいけません。
間違ってお風呂に入っているときに他の住人に見られたということはありませんが、
順番を待つことがちょっと苦痛に感じることもあります。
疲れて早く眠りたいと思っているのに、ほかの人が入っているから待たなくちゃいけない時は大変です。
 
待っている間に眠ってしまいそうになったこともありました。
ただ、ホームパーティーをしたりするので、住人同士は仲がいいです。
誕生日には、お祝いをします。
一緒に食事をする相手がいますし、帰ってきたときに、ただいまと言えるのはとてもうれしいです。
 
一人暮らしだったら、ただいまを言う相手がいません。
みんな知っている人ですから、防犯にも役立っているでしょう。
もちろん、泥棒に入られたことはありません。
もしも、泥棒に入られたとしても助けてくれる人がいるので安心して生活しています。
 
今のところは、住人同士の仲が良いので楽しいです。
わがままな人が入ってきたら、この空気が壊れてしまうかもしれないという不安もないわけではありません。
今は、部屋が空いていないので楽しい仲間と一緒に暮らし続けられそうです。

—–