意外にも就職先

Posted by episode-collector-experience-s | Posted in 日本のシェアハウス

ここ数年、学生さんの就職活動というのはなかなか大変になってきています。
私の知り合いの子も次の年の就職先を決めるために色々な場所にたくさん、面接を受けていました。
この知り合いの子はLさんといいます。
Lさんはシェアハウスで生活をしながら大学で勉強するするような生活を送っていました。
Lさんはなかなか就職先が決まらずに結構、落ち込んでいたのですが、そのたびに、
シェアハウスの仲間たちに励ましてもらっていたのでLさんはめげずに就職活動を続けていくことが出来ました。

Lさんと知り合ったきっかけは私の友達が住んでいるシェアハウスの住人、
友達を連れてきてもいいですよというオープンなシェアハウスで、私は以前、
そのシェアハウスのバーベキューをやったときに呼ばれたのがきっかけで
友人のシェアハウスの人たちとも仲良くなったのです。

Lさんはどうにか就職先を決めないとと必死でしたが、ここ最近の就職難は大変だなと見ていて思います。
やっと就職先が決まっても後から突然、内定取り消しなんて連絡をもらってしまう人もいると聞いています。
それに応募しても落とされるなんて事は10社、20社、当たり前だというくらいなので、
Lさんは最悪、無理だったら派遣かアルバイトをしてつないでいくしかないなという覚悟をもうしていました。

就職活動をしていてかなり諦めかけていたという話をしたりしていた12月、
突然、Lさんから就職先が決まった!という連絡が来ました。
就職先が決まったということで、
友人とLさんのシェアハウスでみんなでお祝いをしようということになり、私も呼ばれたのです。
Lさんに話を聞いてみると、就職先は何と一緒にシェアハウスで生活している
アメリカ人のMさんが勤務している外資系の会社だということです。

Mさんもずっと就職活動をしつつ決まらないで悩んでいるLさんを妹のように心配していました。
そんな時、Mさんの会社の方で1人、貿易事務の人が辞めることになったので英語が出来る人を
探しているという話を聞き、Lさんは英語が堪能だったこともあり、Lさんを紹介したのだそうです。
すると話はだんだんと、進んでいき、あっという間にお仕事が決まったとの事でした。

Mさんが上司になるのかと思いきや、部署が全く違うのでそれはないそうなのですが、
今までにシェアハウスがきっかけで仕事が決まったという話をあまり耳にしたことがなかったので、
本当に腸とタイミングが合ってよかったねとみんなで喜んだのです。
その後、Lさんは無事、Mさんの勤務する会社で貿易事務という仕事にチャレンジしています。

毎日、学ぶことが多いけど仕事は楽しいと言っていたのでよかったなと本当に聞いていて思います。
それに語学も堪能だったのでこういったチャンスがあったのでしょう。
こういった例は本当にまれだとは思いますが、
シェアハウスがきっかけで就職先が決まったという例もあるということでご紹介してみました。