アメリカでのシェアハウス体験

Posted by episode-collector-experience-z | Posted in 海外のシェアハウス

アメリカのシェアハウスでは住む相手が重要

アメリカは言わずと知れた人種の坩堝です。
そのため、ありとあらゆる文化を持った人々が集っています。
このような場所でシェアハウスに住むという自覚を持つことが重要で、できることなら自分と似た環境の文化を持っている国の方々と住んだほうがその後の快適さにつながると思います。

あらゆる人種の方々と出会い、様々な文化にふれあいたいと考える人がいますが、たしかに友人になったり知り合いになることはいいのですが、一緒に住むとなると言語の問題のほかにも様々な問題が生じるケースがあります。
数日だけ過ごすのであればいいのでしょうが、長期で考えた場合にはこれらがやがてはストレスになってしまうこともありますので考えものです。
日本人の感覚から言えば考えられないようなトラブルに巻き込まれることもあるのです。

そうなってしまうと、嫌な思い出になってしまうので、事前に避けられるならば避けておきましょう。
ただし、せっかく海外でシェアハウスに住むならば、そのようなトラブルも含めて良い人生経験になると考えているならば、チャレンジしてみるのもひとつの手です。
たしかにせっかくのチャンスですから、あえて体験しておくのも悪い話ではないと言えます。

刺激のある日々をアメリカで過ごす

アメリカではあらゆる人種、あらゆる文化を持った方々と触れ合うことによって、刺激的な日々を過ごすことは可能です。
毎日が新鮮な気分で過ごせると言ってもいいはずです。
もちろん、それだけが目的ではないのでしょうが、ひとつの目的にしてもいいと思います。

また、アメリカの方々はとにかく初対面であってもフレンドリーです。
それはシェアハウス内だけに限らず、ショップの店員さんなどであっても同様です。
そのため、打ち解けるまでにはそこまでの時間がかからないのではないでしょうか。

語学を学びたいならシェアハウスに

また、このような刺激的な経験を通じて、語学を学ぶこともを求めてみてもいいのではないでしょうか。
ほとんどの方が語学目的かもしれませんが、コミュニケーション能力が高い方々が多い国なので、こちらが多少の人見知りであっても向こうからコミュニケーションをどんどんはかってきますので、意外と英語の上達は早いかもしれません。
言ってみれば強制的な英会話スクールがシェアハウス内にできあがるようなものです。

そのため、語学のためにシェアハウス住まいを考えるならばいいかもしれません。
どうしても言葉が通じなければ生活ができないので、総じて会話力はつくのですが、明るい方が多いからこそ、アメリカの場合には上達も早そうです。
英語の上達を目指して考えてもいてもいいのではないでしょうか。