カナダでのシェアハウス体験

Posted by episode-collector-experience-s | Posted in 海外のシェアハウス

私の知り合いの中には一人、カナダで留学をした人がいます。
彼女ははじめ、アメリカでの留学をしようとしたのですが、アメリカでの留学は結構、
お金もかかるし大変だと聞いたらしく、色々と検討した結果、カナダでの留学をすることに決めたのだそうです。

彼女はHさんというのですが、Hさんの場合、かなり運が良かった例なのではと思いました。
Hさんからカナダでのシェアハウスの話を聞いた時にそう思ったからです。
通常、カナダでの留学をする際に、多くの人はホームステイをしたり、アパートシェアをする人が多いようです。

何でもアパートシェアをしている学生さんがとても多いのだそうです。
安く生活をすることはできるのですが、アパートシェアをする際に、
ルームメイトを自分で探さないといけないという点は結構、苦労する場合が多かったりすると言っていました。
でも、敷金や礼金がないというのがメリットだそうです。

友人がいたりする際には友人とシェアして生活をすることが出来るのですが、
Hさんの場合、特に知り合いもいなかったというのと、たまたま便利な場所にあるシェアハウスを見つけることが
出来たのと、たまたま、空きがあって申し込むことができたということで、タイミングが良かったようです。

カナダの場合、シェアハウスがやや少なめな感じだそうで、
多くの人がアパートシェアをしているとのことですから、本当に偶然に見つけることが出来たという感じのようでした。
一緒に住んでたルームメイトは6人。Hさんとカナダ人が2人、うち1人はオーナーさんです。
韓国人が1人、メキシコ人が一人、アメリカ人が1人という構成だったようです。

こういった組み合わせも運がよかったとHさんは言います。
例えば、別のシェアハウスではたまたま2つの国が半々で入っていて、
お互いの国同士であまり仲が良くなくて悪口をいいあいなんかしてしまったりしてるなんて生活のところもあると
聞いていたそうなので、ある程度、国が分散しているというのはとてもありがたいという風に言っていました。

なので、シェアハウスの中ではみんなそれぞれ言葉が違うので英語に統一して話すことになったのだそうです。
かえって、彼女からしたら語学の勉強になるので丁度良かったと言っていました。
しかも、シェアハウスの設備が結構、良かったのだそうです。

テレビも大型でたまに映画をDVDなどで借りてくるとみんなでリビングなどで見て楽しんだり、
みんなでスポーツの試合を見たりして楽しむことなんてしょっちゅうだったようです。
それにオーナーさんが結構、留学生を支援してくれる気持ちを持ってくれている人のようで、
よくビールをいただいて食事の時に楽しく飲んだり、食事もたまに提供してくれるなんてこともあったらしいので、
家賃の割りに待遇が良かったのでは無いかと話していました。

確かに、みんなで仲良く過ごすことが出来て、オーナーさんの待遇も良いということを考えると
Hさんは良いシェアハウスに出会えたんだろうなと考えることが出来ます。