ホームステイ・寮・シェアハウス比較

Posted by episode-collector-experience-z | Posted in 海外のシェアハウス

海外に住むならどんな場所があるか

海外において自分の住まいを探すという場合、ホームステイ先に滞在する形、寮に入る形、シェアハウスに住む形などがあります。
いずれも安く海外に滞在できますが、その安さのレベルもそれぞれ異なりますし、これらにはそれぞれ長所と短所がありますので、覚えておきたいものです。

まずホームステイの場合には語学学校などが手配をおこなってくれて、気軽に住む先を決めることができるというメリットがありますが、やはり人様の家なのでとても気を使ってしまうことがあります。
その家はホームステイを受け入れているので人嫌いということはないのですが、商売として人を受け入れているわけではないので、何かしらの独自ルールがあったりして、気を使ってしまうこともありますので、これをどう捉えるかだと思います。

寮やシェアハウスについて

ホームステイ以外の住まいに関しては寮がありますが、意外と人気が高いです。
個室があり、各種設備も整っているので、住みやすいのですが、とにかく競争率が高いので、入れるかどうかが大きな問題になってきます。
また、シェアハウスに関しては自分で好きな家を探せます。

しかし、海外において自分が気に入るレベルの部屋を見つけるのはそこまで簡単ではないので、その覚悟は持っておきたいものです。
そうは言っても寮やシェアハウスに関しては他の人たちとの共同生活となります。
同じ境遇の方々との生活なので、不安なども共有できるので意外と生活しやすいものです。

また、海外の方々ばかりの場合にはおのずと言語の勉強にもなります。
言葉を離せないと生活できないので、半ば強制的に言葉を覚えていくことができるのです。

住む期間によって選びたい

海外にはホームステイ、寮、シェアハウスなどがありますが、長く住むことを前提にしているのであればシェアハウスがおすすめです。
個室で気を使うこともないので、自由に過ごせます。
しかし、数週間から数ヶ月程度ならばホームステイのほうが格安になります。

そして、探すことが大変に感じるようであれば、寮がいいかもしれません。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、問題は自分がなにを優先させたいかだとおもいます。
お金のことを優先させたいのか、英語を学ぶために厳しい環境に身を置きたいのか、とにかく快適さを求めたいのかなどによって、選ぶべき施設は変わってくるとおもいます。

そのため、まずは自分が目的を決めた上で、どのような施設を選ぶべきかを考えていくようにしてみてください。
やはり、最終的には他人の意見よりも自分がどう考えるのかです。
その点を最も大事にしてあげてください。ここを優先させないほうが後悔する可能性があるのです。