目覚ましトラブル

Posted by episode-collector-experience-z | Posted in シェアハウスのトラブル

目覚まし時計が鳴り響く

一つ屋根の下に他の人と暮らせば何かと問題が発生する物であり、これは家族で住んでいても同じです。
その一つに目覚まし時計の問題があり、朝目覚まし時計がなったとしても、気づかずに10分も20分も鳴り響くというのです。
これは家族内の問題であれば、親が言ったりすればさほど大事にもならないですが、シェアハウスとなると、様々な人が様々なライフスタイルで生活しているので、難しい問題です。

この問題は自分が誰かに被害を与える可能性も出ますし、またはシェアハウスで誰かの目覚まし時計で起こされるということもあるでしょう。
問題を解決するには相手に文句を言うのが一番ですが、今後も一緒に同じ家で生活していくとなると、なるべく波風を立てたくないという人もいるでしょう。
やんわりと、目覚まし時計がなりっぱなしだったけど、夜眠れてる?などと聞くと気づく人もいるかもしれません。
もちろんそんなことでは気づかない人もいるので、はっきりという必要があるかもしれません。

他人の目覚まし時計で起こされるというのなら、自分が耳栓をして眠るという方法もありますが、シェアハウスにいる間耳栓を使った生活を続けたくないとも思うでしょう。
思い切って目覚まし時計をぶっ壊すというような過激な手段もあるかもしれませんが、そうなると喧嘩になりシェアハウスを出て行かなければならないかもしれません。
やはり直接文句を言って、何度も言っても改善されない場合は、管理人に言うしかないでしょう。

音以外で起こす目覚まし時計

目覚まし時計は様々な種類が発売されており、音以外で起こす目覚まし時計もあります。
そのような目覚まし時計をすすめてみるのも良いかもしれません。

振動で起こすタイプの目覚まし時計もあり、これは振動して震えるパッドが付属しており、それをシーツなどの下に入れておけば、時間と共に振動し、その振動で目が覚める仕組みです。
腕時計型の目覚まし時計もあり、これは腕に撒いて使う目覚ましであり、時間になると腕の目覚まし時計が振動し起こす仕組みです。
さらには光で起こすタイプもあり、これは時間になると目覚まし時計の蛍光灯部分が光ってその光で起こすという仕組みです。
このような目覚まし時計なら、どれも音を使わないので、他人の迷惑になりません。

また一つの解決方法としては、あなたが今よりも早く寝て早く起き、目覚まし時計がなる前に起きておくというのも方法かもしれません。
早く寝て早く起きればそれだけ時間も有効に使うことが出来ますので、自分の生活とってもプラスとなりメリットがあります。
違うシェアハウスに引っ越すという手段もありますが、そこでも目覚まし時計の問題が発生しては引っ越した意味がないでしょう。